日本からアメリカへの外貨海外送金

外貨両替には、a)銀行等の両替所を利用、b)FX会社を利用、の2パターンあります。
a)の両替所には、銀行、空港等のほか、チケットショップを利用する方法があり、大体の目安としてレートの良い方からチケットショップ>銀行>空港となります。これまで自分は、海外旅行等で$が必要な時はチケットショップの大黒屋を利用していて、手数料は$1あたり大体2円(銀行や空港は2~3円)でした。

今回、長期留学を期に、初めてb)FX会社を利用して外貨調達をしてみたところ、圧倒的に手数料が安く済む($1あたり20銭)ことが分かったので、その方法の紹介です。今後は海外旅行等でも両替所は使わなくなりますね。

b)FX会社を利用、の大きな流れは、

  1. FX会社の口座を開設、FXで両替(コンバージョン)を実行
  2. Citibank JPに出金
  3. Citibank JPから海外銀行口座に送金

以上、たったの3ステップ。
順番に説明すると、
1.については、まずFX会社の口座を開設します。FX会社はサイバーエージェントかマネーパートナーズが一般的で、サーバーエージェントの方が手数料が安いようですが、私はマネーパートナーズを選び、オンラインで口座開設を申し込みました(必要書類が郵送されるまでに1週間弱)。口座が開設されたら、FX会社の受入証拠金に資金を移し(即日~1日)、外貨両替(コンバージョン)を実行します(即時)。これで、その時点の為替レートに1ドルあたり”20銭”(サイバーエージェントは0.4銭?)上乗せされるだけで$に両替できます。今度は、受入証拠金から未使用預り金へ振替・移動を行います(即時)。これで出金準備完了です。

2.については、マネーパートナーズの各種設定から出金先の金融機関を設定します(即時)。指定できる金融機関はたくさんありますが、私はシティバンクeセービングのマルチマネー口座を登録しています(事前にシティバンクにてオンライン登録が必要。オンライン申込み後2~3日で口座が開設されます。)。シティーバンク「eセービング」(円普通預金)は、通常のシティバンク銀行口座が、一定額以上の預金がないと口座維持手数料(月額2,100円)がかかるのと比べて、実店舗のないインターネット支店なので口座維持手数料は無料なのがポイントです。出金先の登録を終えたら、マネーパートナーズで出金依頼を選択し、金額・出金先を指定すればOKです(出金手数料月1回まで無料、月2回目から4000円。3日間ほどで出金反映)。
なお、金融機関によっては、外貨受取に手数料がかかる場合がありますが、シティバンクはこれも無料でした。ちなみに、ここのプロセスで、空港受け取りが可能であれば、出金先の金融機関の設定をせずとも、マネーパートナーズで空港受け取り(2週間ほど前に申請が必要)を指定することでたったの500円の手数料で$を受け取ることができます。

最後に、3.については、Citibankから海外銀行口座を登録する際に、アメリカの銀行口座を開設している必要があるため、渡米後に行いました。但し、海外送金先をインターネット上で登録できるようにしておくために、渡米前にOTP(One Time Password)登録をしておくことが必要です。OTP登録は、Citibank Onlineから申請して、日本国内の自宅に届く書類に記載されたパスワードを入力すれば完了です。万一渡米してしまった後でも、日本国内で書類を受け取ってくれる親族等がいれば対応できると思います。OTP登録後は、シティバンク-eフォーム/海外送金登録申し込み(外貨建て)から、海外送金先をオンライン登録します(2~3営業日で反映)。ここまでくれば、後は、Citibankのマルチマネー口座(=eセービング開設時に自動的に同時開設されます)から登録済の海外送金先へ$から$で送金処理をするだけです。送金処理後、2~4日ほどで送金が反映されるので、現地で当該金融機関から資金を引き出して手続き終了。なお、送金手数料は、前月の口座残高によって異なり、①1,000万円以上(CitiGold会員の方):無料、②100万以上:2,000円、③100万未満:3,500円(但し、口座開設後2ヶ月は2,000円)ですが、豆知識として、Citi goldのStatusは世界のどこかでGold statusの条件を満たせば他の国でもGold statusが使えて、USであればGoldの条件が低く400万円ほどで取れるという話があります。

以上、日本からアメリカへの海外送金で最も安く簡単にできると思われる方法の紹介でした。

Advertisements

アメリカでの自動車保険の選び方(カリフォルニア州)

自動車保険の保険料は、1.Liability(自己責任がこちら側にある)、2.Uninsured Motorist(事故責任が相手側にあるにも拘わらず、相手が無保険の場合にこちら側を守る)、3.車両保険(事故、盗難等による自動車自体への保険)の3つの構成要素によってほぼ決まります。それぞれの保険料への寄与度の目安はこちら。Comparison with Car Insurance Providers

見ての通り、保険料の大半は1.Liability、3.車両保険で決まっており、1.Liabilityについては保障額の上限を上げてもほとんど保険料には影響していません。また、カリフォルニア州では自動車保険への加入が義務付けられていますが、実際には1/3ほどが無保険で走っていると言われています。

以上を踏まえて、私の場合は、複数の保険会社に全く同じ条件で見積もりを依頼し、最も安かった保険会社に、1.Liabilityは上限いっぱいまで(物、治療ともに相手を守れるように)、2.Uninsured Motoristも最低限つける、3.車両保険は外す(15年近く走っていて本体の価値はそこまでないので。)という条件で依頼しました。

見積もりを依頼する際に保険料を下げるポイントは、年間走行距離を低めに設定することです。アメリカの一般的な平均走行距離は13,000マイルと言われていますが、私の場合は、近場の大学への通学に使用することが主目的のため、年間3,000マイル程度にしたところ、当初9,000マイルで設定した際の保険料$395/6monthsからがくっと$301/6monthsに下がりました。多くの日本人が使用する日系の保険会社で目安とされている$800~1,000/6monthsとはえらい違いです。なお、保険会社に確認したところ、年間走行距離はあくまで予定なので、保険が下りるかどうか等には一切影響しないとのことです。

MBA 事前学習1

7月頃から進学先のRadyからいくつかのAssignmentが課されています。
最初に取り組んだものの1つがキャリア分析。Career Leaderというツールを使って、Interest, Motivation, Skillsの3つの観点から自己分析をします。結果のイメージはこんな感じ。CareerLeaderReport_3_3

基本的には自分で質問に答えていくのですが、結果をみると、自分が想定していたものと自分の実際の興味分野が違っていたり新たな気付きがあります。特に参考になったのは、Skillsの360度評価です。自分をよく知っている先輩、同僚、後輩個8人ほどに匿名で評価してもらいましたが、自分の評価と周りの見方の違いを知るうえで、とても参考になりました。

例えば、大きな方向性は一致していたものの、自分が思っているほど、組織の中での立ち回りがうまくない(Political skill)ことや、自分では優柔不断だと思っていたけど決断力(Decisiveness)があると思われていたり。

多くの気付きがあってなかなか楽しいです。引き続き、次の課題に取り組みます。

Rotary District Conference

I joined 5340 Rotary District Conference from 7am to 4pm.
Over 300 Rotarian gathered at Mira Costa College. The issue is very serious such as approval of budget but conference was so casual and comfortable. I mean, it is hold in outside near beach with BBQ Lunch and it is proceeded as if it is a live TV show. When I was in Japan, I often fell asleep since it is too boring. This is a kind of culture gap but I surely prefer California style of conference!

Table for Two

I met a president of Rotaract Club at University of San Diego.The campus is so beautiful and I enjoyed to talk with her, explaining about the project. She seems to be interested in TFT and says to consult with other members of the club. I think TFT match USD since USD has strong proud of being change maker in the region.

I will meet the adviser Rotarian of USD Rotaract Club to get support to the project. I need to go forward step by step for long way.

Internship(CONNECT)

インターンシップで感じたことを2つ。

まず、昨日(8月1日)、CONNECT主催でMIT Enterprise ForumなるEventをやりました。technology, bioの分野を中心にサンディエゴ界隈の名士が集まり、ワインを飲みながらネットワーキングに励むSocial Eventです。サンディエゴを代表する企業のQualcommはもとより、Mayor, CEO, 起業家の方々などそうそうたる顔ぶれ(といっても一人も顔分かりませんがw)が600名弱集まりました。で、気になったのが、”日本人いねぇ”ということです。サンディエゴは人口130万人ほど、日本人も約1.5万人が生活をしているはずですが、この場の参加者は1人のみ。仕事にしろ、留学にしろ、こういうローカルな場にすっと入り込めること、が海外に出る醍醐味だと思っているので、ちょっと残念。ちなみに日本人の参加者の女性は、サンディエゴ歴22年で不動産業を営んでいる方でしたが、22年生活していても英語は苦労されているそうで、「英語が使えるかどうかは滞在した長さではなく、どれだけ使ったかで決まる」とのことでした。要は、アメリカ人との密な交友関係をもつ、ということです。自分の経験からしても、留学してもほとんど話せないまま帰国するという話もよく聞くので、すごく腑に落ちました。これは意識しないとできないと思うので、できる限りアメリカ人(及び非日本人留学生)の親友をつくっていきたいところ。

もう1つ。今のインターンでは、CONNECT, クライアントのスタートアップ、関連業界等のアドバイザーの間をつなぐ場(打ち合わせやらプレゼンやら)をセット(日程、出席管理や会議室確保、当日の運営等のロジ)することが主な役割なのですが、アメリカ社会の意思決定の速さ(大胆なものでも合理的なら提案が一瞬でとおる)や管理職とスタッフのフラットな関係(スタッフが用もなく上司の部屋にだべりにいく)に感心します。また、打ち合わせやプレゼンの場では、立場に関係なく、”Speak up”(話せ)とか、フィードバックを求められたりします。正直議論の内容が全くわからない中で意見を求められるのは辛いのですが、日本の関連事例を紹介したり、気付いたことを伝えたり、雰囲気も含めて楽しんでます。周りをみてもインターンの学生が初対面の経験豊富なCEOに駄目だししたりしているのを見ると、カルチャーショックを感じるし、分かってはいたけど、発言して議論に貢献して初めて価値がある、という考えが浸透しているな、と日々感じます。

忘れないようにしたいです。

Petco Park

Bob & Mary invited me to special seats(VIP room) for Petco Park and Jose, my cool roommate and I joined the chance. The room is reserved for only special guest, Bob’s company at this time, and filled with full of foods and drinks.

Even though the game was exciting, Padres lost Colorado Rockies by 6-8, Jose and I couldn’t see it much since we were crazy for hot dogs&cookies and beer&wines.

Drank and talked much!

Mercury Insurance Open

Mercury Open has started from 14 to 22 July.
We have three Japanese top pro in the tournament, Rika Hujiwara, Erica Sema, and Misaki Doi.

On 15th, I saw the match of Erica Sema, having strong power and will in her small body. Catching up from 1-5, she lost first set by 4-6, for Y.Chan is good player with stable fore and back hand stroke, good game making, and mental toughness. Unfortunately, after leaded 4-6, 6-4, 4-0, Erika lost the game with Chang by 4-6, 6-4, 5-7. I think her coach could/should commit the game more, but it was definitely great and tough game. Even though Erika burst into anger to herself when lost, I felt professionalism, seeing her cooled down running around the court(and maybe thinking about the game) for her next challenge.

On 19th, I saw the match of Misaki Doi(ranked 140) vs Christina McHale.(ranked 27) Both players are young generation just about 20 years. I could not imagine what feeling does Misaki have, matching stronger player who represent the United States at the upcoming Summer Olympics in the midst of American people. 95% of people never hoped to Misaki’s winning, but she was so brave and quiet fighter, thinking combination subjectively. Even though she lost the game by 6-4, 4-6, 4-6 and there surely is a difference between two players, she proved she is eligible to be very close to top 30 players. I fortunately have two chance to talk with her, before final set and after the match, I have no word to tell her, almost crying.

I believe/wish these two top women Japanese players will become greater player and come to San Diego again in next year.

Internship(XCom Global)

Fortunately, I was assigned in new marketing task.
What is exciting in start-up is staff have to do anything whether it is daily chore or creative work, having limited human resources. While doing chore such as shipping and returning, using two computers, I am thinking marketing strategy to get new customers and grow current customers.

Social media like FB, Twitter, Blog, Wikipedia(may not be socail) are great tool for marketing since they are low cost, easy to maintain and join, and interactive. After discussion, we decided to use FB as main tool for a while and launch up new campaign.

I excited new campaign may successfully lead to attract customers, even though what is exciting in business is I do not expect what will happen until we do it in reality. I wish I get results, broadening future possibility in USA!

How DMV evaluate Driving Test in California

I finally passed driving test and got driving license in CA. My advice to whom taking driving test in San Diego is never go to Hill Crest, rather go Clairemont.

There are two DMV in San Diego, Hill Crest and Clairemont. I chose Hill Crest because it is easier to get reservation than in Clairemont. But this judgment was incorrect. Actually, I have failed in driving test even twice at Hill Crest. DMV evaluation depends on the driving performance evaluation score sheet.DMV score-sheet

The reason of my failure is “unnecessary” too cautious. This is a kind of culture gap since what is necessary for me is unnecessary for the instructors. As far as I know, there are only two instructors(one man and one woman) in Hill Crest, and both of them seem to be a little bit too strict. Plus, test course in Hill Crest is narrow, full of stop sign, and old so that we can hardly recognize even center white line.

After failing twice, I decided to change dmv because I have to restart from paper test once I failed three times and want to avoid restart. Clairemont driving test course has full of information in the Internet and I practiced the course, following testing car, several times in advance.

Today, I went the DMV at 2:20 with appointment 3:00 since I realize process of DMV is so slow. But when my turn came at 2:40, the staff said to come after 2:45, so I had to wait the line again. My next turn came at 3:15 and then I lined for long way of testing car. At 4:30, 90 minutes after my appointment time, I started my test. I doubt I failed because the instructor did not tell me “Park and Pull back” when he should direct according to information in the Internet. So I feel relieved with full of sweat when he finally asked me to do so in the end of the course.

Anyways, I finished long day and celebrating by small rice with pork.